日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2017/10/1

現在

315

2017/10/1

現在

0120-67-6665

修正プログラム

修正プログラムとは?

「修正プログラム」とは、ソフトウェアを修正するために作られるプログラムのことです。「パッチ」や「セキュリティパッチ」という呼び方もあります。

開発されたソフトウェアは完全ではありません。使用されていく中で何らかの不具合やセキュリティホールが見つかることがほとんどです。「セキュリティホール」とはセキュリティ面の欠陥のことで、これがあるとコンピュータウイルスに侵入される可能性が高くなり、プライバシーマーク(Pマーク)の運用上も危険な状態となります。

しかしながらすでに出回っているソフトウェアをすべて回収して修正したソフトウェアと交換するというのは現実的な方法ではありません。

そこでソフトウェアの開発者は、修正が必要な部分のプログラムのみ修正し、その部分を従前のソフトウェア本体に当てる方法でソフトウェアが正常な状態に保たれるように取り計らいます。このことを「パッチを当てる」とか「修正プログラムを適用する」などと言います。

もっとも現在では速度やデータ容量を気にすることなくネットワークで通信できるようになっていますので、多くのソフトウェア開発者がソフトウェアの一部ではなく全部を入れ替えるという修正プログラムの適用方法を採用しています。Windows Updateも同様の方法がとられているようです。

修正プログラムの配布は一般的にインターネットを介してなされます。

プライバシーマーク(Pマーク)取得会社を含めOSやソフトウェアを利用しているユーザーは、修正プログラムが告知されるとネットワーク上で修正プログラムファイルを取得し、それを自分が利用しているソフトに適用して更新しなければなりません。

修正プログラムの中には、適用することによって以前のバージョンで利用できていた機能が利用できなくなる場合などもありますので注意が必要となります。

プライバシーマーク(Pマーク)における個人情報保護マネジメントシステムの運用では、技術的安全管理措置の一つとして個人情報を取り扱うコンピュータに対する不正ソフトウェア対策を実施しなければなりません。

不正ソフトウェアとはコンピュータウイルスのようなコンピュータに害を及ぼすプログラムのことです。

プライバシーマーク(Pマーク)取得会社が講じるべき不正ソフトウェア対策の中にはOSやアプリケーションソフトウェアに対してセキュリティ対策用修正プログラムを適用することも含まれます。

ですからプライバシーマーク(Pマーク)取得会社は脆弱性情報が発表される時など修正プログラムの適用が必要な場合は、時期を失することなく修正プログラムをインストールしなければなりません。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.