日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2017/10/1

現在

315

2017/10/1

現在

0120-67-6665

独立行政法人情報処理推進機構

独立行政法人情報処理推進機構とは?

「独立行政法人情報処理推進機構」とは、我が国における情報社会システムの安全性や信頼性を技術面や人材面からサポートすることで確立することを目的とした法人です。「Information technology Promotion Agency Japan」を省略してIPAという通称で知られています。

プライバシーマーク(Pマーク)を取得して個人情報保護マネジメントシステムを運用する事業者においても必要な情報やサポートを提供してくれるなど関連性のある団体です。

情報処理推進機構は独立行政法人です。経済産業省所管の中期目標管理法人として設立されました。平成16年に創設され、情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律附則第2条第1項の規定により解散した、特別認可法人情報処理振興事業協会の事業を承継して現在の組織体を構成するようになったという経緯があります。

独立行政法人情報処理推進機構の活動は主に以下のようなものです。

一つ目の取り組みは「IT社会の安全・安心を創る」ことです。IT技術が進歩するにつれて情報の安全を脅かすサイバー攻撃も増加し、多様化しています。

プライバシーマーク(Pマーク)取得会社においても個人情報を保護するためのIT技術を駆使した対策の必要性がこれまでになく増しています。

独立行政法人情報処理推進機構はコンピュータウイルスをはじめとするサイバー攻撃についての調査や分析を行い、その結果や対策に関する報告・注意喚起・提案を行うことで情報セキュリティの普及や個人情報を取り扱う個々の事業者の啓発に取り組んでいます。

二つ目の取り組みは「“繋がる時代”の高信頼化を築く」ことです。情報システムは今後もさらにわたしたちの生活や事業に欠かせないインフラとして普及していくことが予想されます。

独立行政法人情報処理推進機構はそのような情報インフラの拡大に伴うリスクを分析し、対策を提案し、情報システムに対する信頼性の向上を図っています。

三つ目の取り組みは「未来を拓くIT人材を育てる」ことです。IT社会の今後の発展のためには技術面での成長だけでなく人材面の育成も重要になってきます。

プライバシーマーク(Pマーク)取得会社の多くが認識しているとおりIT分野で活躍する人材には特に専門的なスキルやキャリアが求められます。そこで独立行政法人情報処理推進機構は様々なプロジェクトを通してIT分野においてイノベーションを起こせるような独創性を持つ人材を発掘し、育成することに力を注いでいます。

独立行政法人情報処理推進機構のWebサイトには不正ソフトウェアやその対策に関する最新の情報が随時公開されていますので、プライバシーマーク(Pマーク)取得会社は参考にするとよいでしょう。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.