日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2017/10/1

現在

315

2017/10/1

現在

0120-67-6665

モバイル機器

モバイル機器とは?

「モバイル機器」とは、容易に持ち運びができる、または持ち運びに適した電子機器のことです。

一般的にはスマートフォンやタブレットPCなどがモバイル機器に該当しますが、従来型の携帯電話端末やノートパソコンなどもモバイル機器として取り扱われることがあります。

いずれにせよプライバシーマーク(Pマーク)の規格においてモバイル機器という表現が使われるとき、その語は持ち運ぶことを想定した機器を指して用いられているということを念頭に置く必要があります。

近年ではモバイル機器が普及しており、業務でも多様な場面で活用されています。そしてモバイル機器を利用して個人情報の利用や通信がなされることも普通のこととなっています。

そのため個人情報保護の一つの側面としてモバイル機器の管理が必要となってきます。

プライバシーマーク(Pマーク)の取り組みにおいては業務で使用するモバイル機器のセキュリティを確実にするためにモバイル機器利用に関する方針を定めることが重要とされています。

その方針というのはモバイル機器に関連する個人情報のリスクに対応したものでなければなりません。

モバイル機器の利用に関してプライバシーマーク(Pマーク)取得会社は以下の2つの事項を最低限実施しなければなりません。

一つ目は「モバイル機器を安全に保管すること」です。持ち運びが容易であるゆえにモバイル機器は盗難に遭いやすい性質があります。

そこで個人情報が保管されているモバイル機器やネットワークを通じて個人情報にアクセスできるモバイル機器については、持ち運ぶ時を除き施錠できる場所に保管するのが最適です。

二つ目は「モバイル機器を安全に持ち運ぶこと」です。これには盗難防止に加えて落としたりぶつけたりすることによる破損を防止する目的もあります。

具体的な対策としては、肌身離さず携行するのはもちろんのこと、落下防止のためのストラップの装着、ケースや保護フィルムの装着などがあげられます。

またナンバーロックやリモートロック、リモートワイプなどを設定して万一の紛失などに備えることもプライバシーマーク(Pマーク)の取り組みとしては望ましい手法と言えます。

業務で従業員の私物のモバイル機器を利用することは必ずしも不可ではありません。とはいえ私物のモバイル機器の利用を認める場合は、会社と従業員の間で利用に関する取り決めを設け、双方がそれに合意しなければなりません。

私物のモバイル機器の利用に関する取り決めには利用状況の監督なども含まれるかもしれませんが、その場合は持ち主である従業員のプライバシーに配慮しなければなりません。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.