日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2017/10/1

現在

315

2017/10/1

現在

03-5809-1330

利用目的

利用目的とは?

プライバシーマーク(Pマーク)における「利用目的」とは個人情報を何のために使うのかということです。

お客様から預かった個人情報を何のために使うかはそれぞれの事業者が決めることです。プライバシーマーク(Pマーク)が求めているのは、個人情報の利用目的をできるだけ明確にすることです。

もちろん明確にしていればどんな目的で個人情報を使っても構わないという意味ではありません。犯罪などの目的や常識から外れた目的で個人情報を利用すべきでないのは言うまでもありません。

利用目的を明確にすることがプライバシーマーク(Pマーク)で求められると説明しましたが、明確にするためにはまず利用目的を決める必要があります。

利用目的を決めるうえで注意すべきなのは、利用目的を「具体的に」定めることです。単に「事業に用いるため」としか定めていないようなケースは具体的であるとはいえません。会社が個人情報を事業のために用いることは当たり前ですし、これでは個人情報が実際のところ何に利用されるのかがお客様に伝わりません。

好ましい例を挙げると、「ウェブサイト上でいただいたお問い合わせに対して回答のご連絡を差し上げるため」などが具体性のある利用目的だといえるでしょう。

利用目的を決めたなら、次に必要なこととして利用目的をお客様本人に知らせなければなりません。

この段階で行うべきことについては、個人情報保護法ですべての事業者に義務づけられていることとプライバシーマーク(Pマーク)制度で要求されていることに違いがありますので注意してください。

まず個人情報保護法ですが、こちらでは個人情報の利用目的をお客様本人に直接「知らせる」ことが義務づけられています。あらかじめ利用目的を公表しておくという方法でも問題ありません。

一方プライバシーマーク(Pマーク)では個人情報保護法に比べて一段と厳しいことが求められています。

会話や映像などで個人情報を取得する場合は個人情報保護法と同じく利用目的を通知したり公表したりするだけで十分とされていますが、書類やメールやインターネットの入力画面で取得する場合はそれ以上のことが求められます。利用目的を通知したうえで本人の「同意を得る」必要があるのです。

このように個人情報の利用目的に関することは法律やプライバシーマーク(Pマーク)の規格などで詳しく定められています。

安易に「状況から見て利用目的は一目瞭然だからあえて明確にしなくてもよいだろう」と考えるべきではありません。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.