日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2017/10/1

現在

315

2017/10/1

現在

03-5809-1330

従業者

従業者とは?

「従業者」とは会社の業務に携わる人のことです。

従業者には正社員、契約社員、嘱託社員、パート社員、アルバイト社員が含まれます。雇用の形態にかかわりなく会社の社員として勤務する人であれば直接携わる人だけでなく間接的に携わる人もすべて従業者に含みます。

またプライバシーマーク(Pマーク)制度では間接的に会社の指揮を受けて業務に従事する人も従業者に含まれているということですから、派遣社員も従業者に含まれることになります。ただ派遣社員は派遣された会社だけでなく派遣元の会社にとっても従業者であるということを念頭に置く必要があります。

一般的には以上のような人を「従業者」と呼びますが、プライバシーマーク(Pマーク)制度では会社の役員も従業者に含むものとしています。役員とはつまり取締役、執行役、理事、監査役、監事などのことです。

事業者が従業者に対して行うべきこととしてプライバシーマーク(Pマーク)が求めているのは、個人情報の保護が確実に行われるように事業者が従業者を「監督」することです。

プライバシーマーク(Pマーク)を持っている事業者は事業者として個人情報を安全に取り扱うための対策を立てているわけですが、実際にそれを実行するのは従業者一人一人にほかなりません。そのため立てた対策を従業者たちが正しく実行しているかを見届け、実行できていない部分があれば改善していくということが必要になるのです。

事業者が従業者に対して行うべきもう一つのことは「教育」です。

必ずしも従業者は個人情報をどのように取り扱うべきかという点を十分に理解しているわけではありません。特に新入社員などは一般的な個人情報の安全な取り扱い方もさることながら社内で決められた個人情報保護のルールを一から理解し、覚えていく必要があります。

こうして必要なことを理解し、個人情報保護の取り組みに貢献するための能力を身に着けるためにはどうしても教育が欠かせません。

プライバシーマーク(Pマーク)を取っている事業者の場合、従業者に対する監督や教育を行わなくてもよいケースというのは基本的にありません。なぜならプライバシーマーク(Pマーク)は従業者が2人以上いる事業者でないと取ることができないからです。

従業者が2人以上必要な理由は「個人情報保護管理者」と「個人情報保護監査責任者」という2種類の責任者を社内に置くことがプライバシーマーク(Pマーク)において求められているという点にあります。この2つを同じ人にさせることはできません。そのためプライバシーマーク(Pマーク)を取るためには必ず従業者の存在が必要になるのです。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.