日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2017/10/1

現在

315

2017/10/1

現在

03-5809-1330

プライバシーマーク

プライバシーマークとは?

「プライバシーマーク」とは個人情報を適切に保護していると認められた事業者に与えられるロゴマークのことです。ただし通常はその認証制度自体を、すなわち個人情報保護のための体制を整えている事業者を認定し、その証としてプライバシーマークを授ける制度そのものを「プライバシーマーク」と呼びます。通称は「Pマーク」です。

プライバシーマーク(Pマーク)制度は1998年4月に始まりました。

個人情報保護に取り組んでいる事業者を認定してプライバシーマーク(Pマーク)を授けることをプライバシーマーク(Pマーク)の付与といいますが、プライバシーマーク(Pマーク)の付与を行うのは一般財団法人日本情報経済社会推進協会という団体です。

プライバシーマーク(Pマーク)を取るためには審査を受けなければなりません。審査の基準となるのは「JIS Q 15001」という日本国内で定められた規格です。個人情報を保護するために何をすべきかがJIS Q 15001に書かれているわけですが、プライバシーマーク(Pマーク)の審査もその規格に基づいて行われるということです。

まずプライバシーマーク(Pマーク)の審査を受けるための申請を出します。申請が受けつけられたら実際の審査に入りますが、審査は「文書審査」と「現地審査」の2段階で行われます。「文書審査」とはプライバシーマーク(Pマーク)を取るために必要な書類を正しく作成しているかを確認するための審査で、「現地審査」とは作成したその書類どおりのことが実行されているかを確認するための審査です。

審査の結果、個人情報保護のための体制を整えていると判断された事業者にはプライバシーマーク(Pマーク)が付与されます。

プライバシーマーク(Pマーク)には有効期限がありますから、一度審査に通っても有効期限が近づけば再び審査を受けなければなりません。有効期限は2年です。

プライバシーマーク(Pマーク)を持っていることには事業者にとってどのようなメリットがあるでしょうか。

何よりも自社が個人情報保護に取り組んでいることをお客様や取引先にわかりやすい形で示すことができます。それにより事業者として周囲の信用を得ることができますし、信用を得ることができれば自社の事業をより良い方向に発展させることができます。

もちろんプライバシーマーク(Pマーク)を持っていても実情がそれと異なるようであれば本当の意味で社会からの信用を得ることができません。個人情報を保護するための活動として事業者で決めたことを確実に実行していくことが大切です。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.