日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2017/10/1

現在

315

2017/10/1

現在

03-5809-1330

NDA

NDAとは?

「NDA」とは非開示契約のことです。正式には「Non Disclosure Agreement」で、「非開示契約」のほか「秘密保持契約」、「機密保持契約」などと呼ばれることもあります。

プライバシーマーク(Pマーク)の規格であるJIS Q 15001では「NDA」ではなく常に「非開示契約」という用語が用いられています。プライバシーマーク(Pマーク)における非開示契約とは事業者が個人情報を受けた者にその情報を第三者に口外しないという義務を課す契約のことを指しています。

具体的にはプライバシーマーク(Pマーク)を取得している会社に従業員として入社している社員に対して会社側からこの契約書を交わすことを要求します。

プライバシーマーク(Pマーク)取得会社は個人情報保護において人的安全管理措置というものを講じなければなりません。人的安全管理措置とは従業員を教育したり監督したりして、従業員が個人情報保護における自分の役割を果たせるようにさせることです。

その一環としてプライバシーマーク(Pマーク)を持っている事業者は従業員が業務上知りえた個人情報を会社外に漏らすことのないよう非開示契約を従業員と締結するわけです。

非開示契約は社員の採用時に締結すべきです。非開示契約は契約書のような形式で交わすこともできますが、必ずしも契約書のような形式でなければならないわけではありません。

基本的に会社には就業規則がありますが、その就業規則の中に個人情報を第三者に開示してはならないという趣旨の規程が明記されており、従業員がその内容を認識できるようにしているのであれば、重ねて非開示契約書を作成して署名捺印をさせる必要はありません。

また非開示契約は明確に「個人情報の」開示を禁止する内容であるのが望ましいのですが、たとえ明確に個人情報に言及していなくても会社の業務上の機密情報全般について開示を禁止する内容が明記されており、個人情報もその中に含まれることが客観的に認識できるような文面があれば、それをプライバシーマーク(Pマーク)が要求する非開示契約として代用することもできます。

非開示契約には就業期間中だけでなく退職後も個人情報の秘密を保持する義務がある旨を記さなければなりません。

また派遣社員についてですが、派遣社員の場合はすでに派遣元の会社と非開示契約を締結しているはずです。ですから派遣を利用するプライバシーマーク(Pマーク)取得会社は、派遣元の会社と非開示契約を締結することにより派遣社員に対する個人情報保護の義務を明確にすることができるでしょう。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.