日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2017/10/1

現在

315

2017/10/1

現在

03-5809-1330

遵守

遵守とは?

「遵守」とは規定や取り決めたことを守り、その内容に従った行動を取ることです。

個人情報保護は関係する法令や各種の取り決めに基づいて運用されるのが通常ですから、プライバシーマーク(Pマーク)の取り組みにおいて「規定されたことを遵守する」という概念はとりわけ重要な位置を占めているということができます。

ちなみにプライバシーマーク(Pマーク)では類義語の中でも「順守」ではなく「遵守」という語が一貫して用いられています。

もともと「遵守」という語が本来の漢字だったのですが、我が国の当用漢字表廃止の事情によりやがて「順守」という語も正当に利用できるようになりました。結果として新聞などでは次第に「順守」という語が多く用いられるようになりましたが、公用文や教科書などでは引き続き「遵守」のほうが採用されています。基本的に「遵守」と「順守」に大きな意味の違いはありません。

プライバシーマーク(Pマーク)取得会社として遵守すべき最も重要なものは個人情報保護法です。

個人情報保護法には日本において個人情報取扱事業者に義務付けられた個人情報の取得、利用、取り扱い、管理に関することが定められています。プライバシーマーク(Pマーク)取得会社をはじめすべての事業者は個人情報保護法の内容に精通し、それを事業者として守る必要があるのです。

個人情報保護法の他にもプライバシーマーク(Pマーク)取得会社における個人情報保護の取り組みに関係のある法律はあります。また法律以外にも命令や国が定める規則があります。業種によっては業界で定められたガイドラインなどもあるでしょう。これらもすべて遵守すべき対象です。

どの会社も個人情報の取り扱いについて他の事業者や個人と契約を締結することがあります。契約は法律のように普遍的なものではありませんが、締結した当事者間では遵守すべき取り決めの一つとなります。

以上は事業者全体として遵守が必要になる状況ですが、プライバシーマーク(Pマーク)取得会社においては個々の従業員にも遵守が求められる状況があります。これはつまり社内規程を遵守するということです。

プライバシーマーク(Pマーク)の要求により会社は個人情報の安全な取り扱いのためのさまざまな社内ルールを定めますが、それを確実に守るのは各部門、そして各従業員の責務となります。

会社としてであれ従業員個人としてであれ決まり事を遵守することは個人情報マネジメントシステムの円滑な運用につながります。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.