日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2017/10/1

現在

315

2017/10/1

現在

03-5809-1330

個人情報

個人情報とは?

「個人情報」とは個人を特定することのできる情報のことです。名前や誕生日、住所などをはじめ一個人を表す情報はすべて「個人情報」です。

個人情報がどのように取り扱われるかを決めることができるのはその情報の本人です。ですから本人以外でその人の個人情報を預かっている人がいる場合、その人は預かった個人情報を本人が望むとおりの方法で取り扱う必要があります。このことを「個人情報保護」といいます。

現在、世の中にある様々な事業で個人情報が活用されていますが、そういった場面で個人情報が確実に保護されるために日本には「個人情報の保護に関する法律」という法律があります。通常は「個人情報保護法」と呼ばれます。

また個人情報保護に取り組んでいる事業者を認証する制度としてプライバシーマーク(Pマーク)制度というものもあります。

さて、ここからは個人情報にどのようなものが含まれるかを詳しく見ていきたいと思います。

個人情報が「個人を特定することのできる情報」であることはすでに述べましたが、この「個人」とは生きている人のことです。したがって死亡した人の情報は個人情報に含まれません。ただプライバシーマーク(Pマーク)では死亡した人の情報も保護すべき個人情報に含まれますので注意が必要です。

個人情報はあくまで「個人」に関する情報ですから、会社などの組織そのものを指す情報は個人情報に含まれません。たとえば会社の住所などです。

たくさんの個人から集めたアンケート回答を集計してもはや個人が特定できないようになっている統計情報なども個人情報には含まれません。

ではすでに一般社会に公開されている情報で個人情報に当たるという場合はあるのでしょうか。あります。個人情報は公開されているかどうかで変わるものではありませんので、たとえば電話帳に載っている個人の電話番号も個人情報に含まれます。

その情報一つでは個人が特定できないもののほかの情報と照らし合わせることで特定できるという場合、その情報は個人情報に当たります。個人情報についてはこのケースがとても多いため注意が必要です。

さらに個人情報は文字に限られません。個人が特定できる写真や録音データ、ビデオデータなども個人情報に含まれるのです。

個人情報かどうかを見分けるポイントをいくつか挙げましたが、個人情報を扱っている事業者はこの点に加えてどのような種類の個人情報に対して保護を講じるべきかも理解する必要があります。

事業を行う中で関係してくるお客様個人の情報はもちろん保護すべき個人情報に含まれます。

とはいえそれ以外に取引先に所属している担当者などの個人に関するものも個人情報として扱わなければなりません。さらには自社の従業員に関するものも個人情報に含まれます。プライバシーマーク(Pマーク)を取るためにはこれらすべての個人情報に対して保護を講じなければなりません。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.