日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2018/11/1

現在

315

2018/11/1

現在

0120-67-6665

第三者

第三者とは?

プライバシーマーク(Pマーク)における「第三者」とは個人情報の本人と個人情報を取得した事業者以外の者ことをいいます。

一般的にも「第三者」は当事者以外の者のことを指す表現として用いられます。たとえばプライバシーマーク(Pマーク)制度は「第三者認証制度」と呼ばれます。これはプライバシーマーク(Pマーク)を取得している会社が個人情報保護の面で信頼できる会社であることをその会社以外の機関が客観的な審査を通して認証する制度であるからです。

プライバシーマーク(Pマーク)の規格であるJIS Q 15001の中で第三者という表現が最も多く出てくるのは「第三者提供」に関係する部分です。「第三者提供」とは個人情報を他の会社などに渡すことです。

個人情報というのは情報の本人とそれを取得する事業者という二者の間で合意し、受け渡しされるべきものであるというのが原則です。

ですから通常はその二者の間でやり取りされる個人情報が他の事業者すなわち第三者の手に渡ることは相応ではありません。

とはいえ個人情報保護法においてもプライバシーマーク(Pマーク)の規格においても、一定の厳格な手続きを踏めば個人情報を第三者に提供することが許されています。これが第三者提供です。

第三者提供において必ず行わなければならないことは、個人情報取得の際に本人に通知しなければならない情報と個人情報の取得方法に関する情報を本人に対してあらかじめ通知し、本人の同意を得るということです。

これを実施しない限り第三者に個人情報が提供されることは本人の同意がありませんので、本人の権利を侵害する行為となります。

このほかプライバシーマーク(Pマーク)の規格で「第三者」という概念が登場する部分といえば、個人情報取得の際の情報通知の例外に関する部分です。

通常個人情報を取得する場合は個人情報の利用目的や第三者提供に関することなどを本人に通知し、同意を得なければなりません。

しかしながら利用目的を本人に通知することによって本人のみならず第三者に何らかの危害や損害が及ぶおそれがある場合は同意を得る必要がないだけでなく利用目的を通知する必要さえないということになっています。

たとえば児童虐待の被害者団体が保有している個人情報については取得する際にそのことを加害者である本人に通知することにより被害者だけでなく被害者の身近な人つまり第三者に危害が及ぶかもしれません。このような場合は利用目的を本人に通知することが不適当であるため、プライバシーマーク(Pマーク)でも例外的に通知が不要とされているのです。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.