日本最大級のPマークコンサル会社一括見積請求サイト。企業情報リサーチのプロが最適なPマーク取得支援会社をご案内します。

39

2017/10/1

現在

315

2017/10/1

現在

0120-67-6665

BCC

BCCとは?

「BCC」とは、ブラインド・カーボン・コピーの略です。ブラインド・カーボン・コピーとは電子メールにおいて同一のメールを複数の宛先に送信する場合に送信先同士が知られないように宛先を設定することを指します。

プライバシーマーク(Pマーク)取得会社は個人情報保護に努めなければなりませんが、それには個人情報を電子メールで送信する場合において個人情報を情報漏えいなどの危険から守ることも含まれます。

また電子メールを複数の宛先に送信する際に、他の受信者に同じメールが送信されている別の受信者の情報が公開されないようにすることもプライバシーマーク(Pマーク)における個人情報保護の取り組みに含まれます。こういった場合にメールの宛先をBCCに設定することは非常に有効な方法となります。

基本的な知識として、電子メールを送信する場合、通常は送信先を「To」に設定します。「To」はメールが送信される先のアドレスを指します。

時には同じメールを2人以上の宛先に送信する必要が生じることもあります。この場合送信先は「CC」に設定する方法と、「BCC」に設定する方法があります。

「CC」とはカーボン・コピーの略で、複数の送信先でなおかつ受信者同士が知られる設定のことです。あるいは主送信先(To)に対して副送信先がある場合にCCを利用したりします。

一方「BCC」の定義は冒頭のとおりで、送信されたことが他の受信者に知られない点で「CC」とは異なります。

電子メールのアドレスやメールが送信されている事実などはプライバシーマーク(Pマーク)において個人情報または個人情報に準ずる情報ですので、本人の許可なく情報を第三者に公開しないためにも、複数の社外関係者にメールを送信する場合はすべての送信先を「BCC」に入力すべきです。

とりわけ電子メール広告などを送信する場合などは、個々の送信先が顧客などの社外関係者である場合が通常ですので、受信者同士が知られないような方法でメールを送信しなければなりません。

その場合、もちろん通常のメールソフトを使用して全送信先をBCCに設定するという方法もありますが、その他メールマガジン一括送信用のソフトやWebサービスなどを活用して自動で受信者が知られない設定でメールを送信する方法もあります。

従業員同士など社内関係者とのメールのやり取りにおいて送信先が複数ある場合については、必ずしもメールアドレスをBCCに設定する必要はないかもしれませんが、部門外に送信する場合や営業所外に送信する場合などは、BCC設定にするかどうかそれぞれのプライバシーマーク(Pマーク)取得事業者においてルールを定めるのがよいでしょう。

≪用語集一覧ページに戻る
Copyright© 2017 Pマークの窓口 All rights Reserved.